読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

reizist's blog

ウェブ

「Web制作者のためのCSS設計の教科書」読んだ

www.amazon.co.jp

正確には「読んでた」。 関わっているプロジェクトの都合上、フロントに触る機会はほぼ無く、cssも我流で雑な実装しかしたことがなかったので 頭にindexを作る目的で読んだ。

cssの設計について、モダンな設計手法をいくつか示した上で筆者独自の設計方法も紹介する本であった。 betterな考え方を踏まえて、プロジェクトに沿ってジャストフィットする手法を模索すべき、という感じの結論の無い本で、実際、BEMやOOCSS、SMACSSという考え方はあくまで考え方であり、ベストプラクティスではない。 しかしながら、何故CSSが壊れやすいか、再利用するとはどういうことなのか、堅牢とは何かを言語化しておくことで確かに良い設計に近づけるはずだ。 識者のCSSに対する考えを聞くという意味で読んでおいて損はないと思う。

ただし、昨今はモダンで素晴らしいcssフレームワークがたくさんあるので、自分でゼロからcss設計する機会があるかというと首を傾げるレベル。 「このフレームワークはこういう考え方に則って設計されているんだな」と理解するために読む感じになりそう。